コンパクト!組み立て簡単!ミニ焚き火台!Camping moon 焚き火台XXSサイズのご紹介

どうも、ガッキーです^_^

みなさん、焚き火はお好きでしょうか。

私は大好きです^_^

キャンプの醍醐味の1つに「焚き火」がありますよね。

焚き火のためにキャンプをする、と言っても過言ではありません。

そこで必要になってくるものが焚き火台。

直火OKなキャンプ場もありますが、基本的には焚き火台が必要です。

地面を守るためには欠かせませんよね。

焚き火台にも様々な種類がありますが、今回はとても小さい焚き火台のご紹介を致します。

大きい焚き火台で豪快に焚き火を楽しむのも良いですが、小さい焚き火を自分の近くに置いて楽しむのもまた良いものです。

焚き火が身近にあると癒し効果も大きいですよ^_^

 

紹介に入る前に用語の説明を少し挟みますね。

直火とは

地面の上で直接薪などを燃やすこと。

草や地中の生き物を死滅させるため、直火を禁止しているキャンプ場がほとんど。

最近では禁止にもかかわらず、直火をしたり、火のついた薪や炭を地面に捨てていく人が多く大きな問題となっている。

無秩序に直火をしていたら、地面全てが真っ黒になってテントなんて張れないですしね。

一定のルールの下、許可しているキャンプ場もわずかにはある。

焚き火台とは

薪を燃やすバーベキューコンロのような物。


こちらはユニフレームのファイアグリル。これから炎を育てていくところ。

焚き火台を使用することにより、地面を火から守ることができる。

多くのメーカーから様々な焚き火台が発売されており、自分の用途に合った焚き火台を選ぶのがとても楽しいものである。

ちなみに「焚火台」と表現すると、スノーピークの商品名となる。

Camping moon 焚き火台 XXSサイズ

では、今回紹介致します焚き火台の紹介を。

Camping moonというメーカーから発売している焚き火台のXXSサイズです。


某メーカー品に似ています。


網などを取り付けるとこんな感じ。

名前の通り、とても小さくて1辺17cm(本体の寸法)。

手のひらにも乗せられるサイズですね。

最近ではNorth Eagleからも同等品が出ています。

一番の特徴はやはりこの小ささ。

炎も大きくならないので、自分の近くに置くことができます。

手の届く距離にあると、火の世話もしやすいし癒し効果も大^_^

自分は卓上焚き火台として使っております。


この雰囲気がたまらなく良いんです。

薪の消費量も少なくて済むので、経済的でもありますね。


薪はこんなに小さくてOK。15cmぐらい。

不燃シートやステンレストレーの上に置けば、テーブルが焦げる心配もいりません。

ただ、小割など小さい薪を用意するのはちょっと大変…。

パーツ紹介&組み立て

それではパーツを紹介しながら、組み立てていきます。

まずはベースプレート。

このベースプレートの上に焚き火台をセットしていきます。

本体は薄くたたまれております。

これを広げて…、

ベースプレートにセット。

ベースプレートの2か所に留めるだけ。

 

焚き火台本体の底に炭床を置きます。

これだけで、もう焚き火ができます。

簡単ですね!

 

次に付属品を取り付けていきます。

この焼き網ホルダーを本体の淵にセット。

その焼き網ホルダーの両脇にトレーをセット。


このトレーは付けなくてもOK。

最後に焼き網を乗せたら…、

はい、完成~。

とても簡単ですね!

着火

早速薪を並べて着火してみましょう。

はい、着火!!

しっかりと燃えています。

燃焼効率も問題なく、キレイに燃えてくれました。

 

調理を想定して、ユニフレームのちびパンを置いてみる。

小型のクッカーがピッタリですね。

ソロにはうってつけのサイズです。

収納はコンパクト

収納バッグはこんな感じ。

サイズ 横20cm×縦22cm×厚み3cm

コンパクトなので、持ち運びは楽ですね。

 

中身はご紹介した通り。

以上7点がバッグの中に入っております。

Camping moon 焚き火台XXSサイズのまとめ

小さい分、自分の近くに置くことができて癒し効果大。

網やトレーも付属しているので、焚き火で料理も楽しめます。

もちろん、薪ではなく炭を入れて炭火焼きもOK。
焼き鳥にちょうど良いサイズですね。

これ1つ持っているだけで、キャンプが便利で楽しくなりますよ^_^

以上、コンパクトで組み立て簡単、ソロキャンプにちょうど良い焚き火台のご紹介でした。

YouTubeでもご紹介!

YouTubeでも公開中!

動画で見たいよ、という方はこちらもどうぞ!

世界最小ミニ焚き火台Camping moon 紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました