互換バッテリーは食わず嫌いでした【DJI OSMO ACTION】Vemicoバッテリー 対純正耐久テスト!

写真にしろ動画にしろ、カメラを使う人にとって重要なバッテリー。

いざ撮影したいって時にバッテリー切れなんて切なすぎますよね。

とは言っても、純正のバッテリーってとても高価…。

カメラによっては1万円を超える物も珍しくありません。

そんな時に気になるものが「互換バッテリー」ですよね。
(互換バッテリー=純正ではない社外品のバッテリー)

互換バッテリーってなんか不安…

ただ純正ではない物を使うのって、なんか不安ですよね…。
私もそうでした。

カメラを壊すんじゃないか、あっという間にバッテリー切れになるんじゃないか、バッテリー自体がすぐに壊れるんじゃないか…。

結局役に立たなければ安物買いの銭失いですから、どうしても慎重になります。

1回試してみよう!!

不安になったり気になったりしていてもキリがないので、一度試してみることにしました。

今回試すのはAMAZONで売っているこちらのバッテリー!

「Vemico」
OSMO ACTIONバッテリー

どうやらVemicoはアクションカメラも売っているようですね。

どれどれ

では外観から見ていきましょう。

もちろん外寸は純正と同じ。


左:Vemico  右:純正

オレンジ色が特色ですね。
紙が若干浮いているので、しっかりと貼り付けましょう。

裏面はとてもシンプル。


上:Vemico  下:純正

カメラと同色で何も記載がありません。
なのでカメラの見た目がスッキリとしますね。

これはむしろ良いかもしれません。
私は無地の方が好きだなぁ。

では早速カメラの電源を入れてみましょう。

ポチッ。

はい、問題なく起動しました。
各種操作も問題ありません。

バッテリー耐久テスト!

気になるのは「バッテリーのもち」ですよね。
一体どのくらいの時間使えるのか…。

というわけで、純正との耐久比較テストを実施しました。

条件はどちらとも
・4K60fps
・壁に向かってひたすら撮影
です。

これで撮影時間の比較を行います。
ではでは、結果の程はいかに…?

結果発表

はい、結果です。

純正・・・66分51秒
互換・・・59分16秒

純正と比較して、約90%でした。

これだけ無事に撮影できたら大満足じゃないでしょうか?

バッテリー1個の値段は半分程なのに、撮影時間は90%の差。

十分満足できるバッテリーだと思いますよ〜。

購入先はこちら!!

ご検討・ご購入は↓からどうぞ〜!!私はアマゾンで買いました!

YouTubeでもご紹介

動画でもご紹介しております。

映像で見たいよ、という方は↓からどうぞ~!!

互換バッテリーは食わず嫌いでした【DJI OSMO ACTION】Vemico カメラ用バッテリー
タイトルとURLをコピーしました