計量コンパクト!アウトドアチェアの紹介「GOTURE」【キャンプ】【アウトドア】【チェア】【チェアワン】

今回はGOTURE製アウトドアチェアの紹介です。

「GOTURE」は聞きなれない方もいらっしゃると思います。
釣り具メーカーで、読み方は「ゴチュール」です。

このチェアの特徴は、

・ハイバック・枕付
・軽量コンパクト
・耐荷重150kg

ってところでしょうか。

それでは、順にみていきましょう。

計量・コンパクト

収容時はこんなにコンパクト。

測ってみるとだいたい45cm×13cm×13cm。

車などへの積載時に場所を取らなくて良いですね。

組み立て  広げるとゆったりサイズ

パーツの確認

フレームはバンドでまとめられているので、バラバラになりません。
収納時も楽ですね。

 

フレーム同士はすべてゴムひもでつながっているので、
組み立ては簡単です。

 

チェア生地はハイバックタイプなので大きめ。

組み立て

それでは、フレームを組み立てましょう。

ハイバックタイプなので、縦に長いですね。

 

収納バッグはキャンプ中になくしそうなので、

フレームの短い方にかけておきます。

 

では、このフレームにチェア生地をかけていきましょう。

ロゴがある面が正面ですね。

 

裏の四つ角にフレームを差し込むポケットがあります。

生地の上側はハイバック部分を支えるため、ポケットは深くなっています。

 

下側はよくあるタイプの浅いポケットですね。

 

では、上側からフレームを差し込んでいきます。

ポケットが深いので、後から差すことはできません。

 

左右同時に差し込みます。

奥までしっかりと。

こんな感じ。

 

では、下側へいきましょう。
ここからちょっとコツがいります。

下側の生地のポケットをフレームに差したいのですが…、

絶対に届きません…。

使用時に生地をピンと張るために短めとなっております。

そこで…、

チェアを寝かせ(背を下)、差し込みたいフレームを生地側に倒すと、

簡単に入ります。
こうやるとあまり力を必要としないので、楽ですよ。

反対側も同じ様に入れたら、

はい、完成です。

たたむとコンパクトなのに、組み立てると大きいですね。

組み立て後の確認

生地はとてもしっかりとしています。

メッシュ部分が広いので通気性も良い。
寒い季節はブランケットでもかけると良いでしょう。

 

枕は硬め。

厚みはしっかりとあります。

どうしても硬さが気になるなら、こちらもブランケットなどをかけると良いでしょう。
自分は問題ないです。

 

取り付けた収納バッグは、フレームまとめ用のバンドで巻いてしまっても良いかもしれませんね。

とてもしっかりとした作りをしています。
頼りなさ等もありません。

座ってみる

では、座ってみましょう。


(身長185cm)

適度な包まれ感が良いですね~。
座ったまま左右に揺らしてみても倒れる心配はありませんでした。

耐荷重も150kgなので、大柄な方でもOKですね。

あ~、このまま寝てしまいそう…。

他タイプとの比較

よくあるサイズの同タイプと比べてみましょう。

SOOMLOOMマンティスチェア(左)との比較。有名なヘリノックスと同タイプ。
座面高 SOOMLOOM 35cm、GOTURE 45cm。
10cm高いですね。

     

座面高45cmなら一般的なアウトドアチェアの高さでしょうか。

なので、合わせるテーブルは高めが良さそうです。

 

座り比べると…、

こんな感じ。
立ったり座ったりは座面の高い方が楽ですね。

注意点

この手のタイプ共通ですが、足は地面に埋まりやすいです。

柔らかい土や砂の上での使用時には、沈み込み防止に板や硬めの布があると良いでしょう。

まとめ

計量でたたむとコンパクト。

それでいて広げると大きく使えるアウトドアチェア。

作りもしっかりとしているので安心感もあります。

耐久性もありそうだけど、買ったばかりなのでこの点は未知数。

しばらく使ってみて変化が見られれば追記するかもしれません。

YouTube

YouTubeでも紹介しております。

動画で見たいよという方はこちらをどうぞ。

GOTURE アウトドアチェアの紹介 Introduction of GOTURE outdoor chair【キャンプ】【アウトドア】【チェア】【チェアワン】

コメント

タイトルとURLをコピーしました