テントやタープを固定する「ペグ」にはこだわりを!スノーピークのソリッドステーク

どうも、ガッキーです^_^

今回はペグのお話。

【ペグとは】
テントやタープを地面に固定するための杭。

テントやタープは固定していなかったら、もちろん風で飛ばされてしまいますよね。

また、テントやタープはシワなくピンと張ることで、本来の強度を発揮します。

そこで重要になってくるものがペグ。

キャンプ中にペグが抜けてしまうと、テント・タープは崩壊してしまいます。

キャンプは自然の中で行いますから、いつ何時 風や雨にさらされるかわかりません。

キャンプ用品は自分の好みで選んでも問題はありませんが、ペグだけはしっかりとした強固な物を選びましょう。

スノーピーク ソリッドステーク

私が愛用しているペグはスノーピークのソリッドステーク、通称「ソリステ」です。

純正テントに付属してくるプラペグやピンペグと違い、こちらは鍛造品。
名前からして強そうですよねw。

実際、地中に大きな石があってもガンガン刺さってくれます。

一度刺さったらなかなか抜けない

これが頼もしいポイント。

地面に刺さると本当になかなか抜けません。

土、芝生、石混ざり等、ほとんどの地面にしっかりと刺さってくれます。

テントやタープを確実に地面に固定してくれます。

ソリステの弱点

ほとんどの地面にしっかりと刺さると言ってきましたが、唯一の弱点が柔らかい土や砂地。

ソリステはただの円柱なので、柔らかい土や砂地への抵抗がほぼありません。

柔らかい土や砂地のときは他のペグを使いましょう。

フックの部分まで刺して回転防止

ソリステの頭のこのフック。

ガイロープをかける部分ですが、このフックまで地面に刺しましょう。

そうすることでソリステの回転を防ぎ、安全性が増します。

品種構成

ソリステは長さ違いで「ソリステ20・30・40・50」と4種類あります。

名前の数値がそのまま長さ(cm)となっています。

今回は使いやすい「30」で話を進めています。

ペグハンマー

ペグハンマーは同じくスノーピークから発売している
「ペグハンマーPro.C」か「ペグハンマーPro.S」が良いでしょう。

スノーピーク(snow peak) ペグハンマーPRO.C N-001 キャンプ用品 (Men’s、Lady’s)
スノーピーク(snow peak) ペグハンマーPRO.S N-002

同メーカーだけあって相性が良いです。

程よい重さで気持ち良くペグが地面に刺さっていきますし、ペグ抜きも使いやすいです。

CとSの違い

Pro.Cはヘッドの先が銅となっており、衝撃を吸収してくれます。
それにより、手の負担が減るようです。

Pro.Sはヘッド全てが鉄となっています。

私はヘッドが全てが鉄のPro.Sを使っています。

銅はだんだんとつぶれていき、いつかは交換しなければなりません。

個人的な感覚ですが、ハンマーは一生モノと思っております。
なので、つぶれていくハンマーに違和感を覚えます…。
あくまで個人的な感想で銅を否定はしていません。
銅には銅の良さがあると思うので、好みで選んで良いと思います。

ソリステのまとめ

テントやタープをしっかりと地面に固定し、安全を生み出すペグ。

そんな安全を高めてくれるソリステ。

少しお値段が気になりますが、ずっと使えますし、安心してキャンプをするためにもスノーピークのソリッドステークを手に取ってみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
¥352 (2020/11/01 07:44:40時点 楽天市場調べ-詳細)
【ポイント5倍 9/24 1:59まで】 スノーピーク ペグ 40cm ソリッドステーク40 R-104
タイトルとURLをコピーしました