アウトドアバーナーはこれに決めた!!【SOTO ST-310】の紹介

どうも、ガッキーです^_^

キャンプで欠かせない行事の1つに調理がありますよね。

焚き火や炭火で調理するのも楽しいですが、ハードルが高く失敗する事もしばしば。

そこで便利な物がガスバーナー。

料理をしたり、コーヒーのお湯を沸かしたり。
家と同じ様に扱えるので、とっても簡単。

キャンプでの調理も楽しくなりますね^_^

 

では、いったいどんなガスバーナーを買えば良いのでしょう?

一口にガスバーナーと言ってもたくさんの種類があります。

大人数分の調理を一手に引き受けるツーバーナー、ソロからファミリーまでこなすシングルバーナー、本格中華もこなす高火力タイプ。

更に様々なタイプと各メーカー。

アウトドアショップに行くと本当にたくさんの種類があります。

どれを選んで良いかわからなくなりますよね。

 

今回は自分も愛用しているシングルバーナー、

のご紹介を致します。

簡単に使えて、ソロからファミリーまでこなす良品ですよ(^_^

主な特徴

まずは良いところと、ちょっと残念なところから見ていきましょう。

良いところ

・燃料のガスが一般的に普及しているカセットボンベ(CB缶)。手に入れやすい。
・寒さやガス圧の低下に強いマイクロレギュレーター(詳しくは下記)。
 これ、すごく良いんです。
・たたむと、とてもコンパクト。

ちょっと残念なところ

・CB缶はOD缶(アウトドア缶(後述))より収納しづらい。
・CB缶の雰囲気が家庭っぽい。キャンプっぽくない。

SOTO ST-310とは

アウトドア界では有名なSOTOから販売しているシングルガスバーナー。

燃料には一般的に普及しているCB缶(カセットボンベ缶)を使用します。

Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン
Amazon.co.jp 公式サイト。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)

アウトドアでよく使われているガスにはOD缶(アウトドア缶)がありますが、ST-310は一般的に普及しているCB缶を使用します。

100円均一やコンビニでも手に入るし、低価格。

気軽に燃料を手に入れられるのは大きなメリットです(^_^

ちなみにOD缶とは以下の様なガス缶です。

マイクロレギュレーターとは

SOTO独自のシステムで、火力が衰えにくい。

火力が衰える原因
・缶内のガスは周囲の気温が下がると気化しづらくなる。冬場は結構キツイ。
・長時間使っていると、ガス自身の気化熱で温度低下(ドロップダウン)。
 それにより、ガスが気化しづらくなる。
・ガスの残量が少なくなって、圧力が下がりガスの噴出量が減る。

マイクロレギュレーターはこれらの火力低下を抑える機構

調理時に火力が出ないのは、結構ツライですからね(^_^;
かといって、ガスが残っているのに新しいガス缶を使うのはもったいないし。

ガスも缶内に残らず、最後までキレイに使いきれます。

詳細はメーカーのWebサイトへ

本体紹介&使い方

収納袋付きです。


手のひらサイズ。

こんなにコンパクト(収納時サイズ 幅140mm×奥行70mm×高さ110mm)。

キャンプって道具をたくさん持っていきますからね。
コンパクトというのはとても大事です。

取り出してみましょう。


だいぶ使い込んでいるので、キレイではありません…。
(後述するアシストレバー装着済み)。

五徳が折りたたまれ、薄くなっています。

使うときは五徳を広げるだけなので、とっても簡単。
(使用時サイズ 166mm×奥行142mm×高さ110mm)。


五徳を広げていくと、所定のところでカチッと止まります。

横からガス管を取り付けます。


バーナー差込口の凸部分にガス管の凹部分を合わせて差し込み、時計回りに回す。

これでセット完了です。


う~ん、カッコイイ…!

 

次に火を付けるのですが、ST-310唯一の弱点が点火スイッチにあり…。

点火スイッチはバーナーの下にあるのですが、これがとても押しづらい…。


下の狭いところにあるボタンを画像に向かって右に押す。

これが遠いし、固いし、バーナーが動いてしまうし、まぁ不便です。
諦めてライターで直接着火する方もいらっしゃいますね。

 

そこで絶対に買っておいた方が良い物がこちら。

点火アシストレバーです。

レバーを押し下げるだけで点火できるようになります。


押し下げるだけになるので、とっても楽!

そのままではただでさえ押しづらいのに、五徳が熱い時はヤケドの危険性もありますから。

絶対にセットで買った方が良いでしょう。

クッカーサイズ上限

使用できるクッカーのサイズは直径19cmまで。
キャンプ用の一般的なクッカーはほぼ使用できますね。

注意!!
19cmより大きいクッカーを使用すると、クッカーからの輻射熱でガス管が爆発する恐れがあります!!規格外の使用は危険行為!!


赤丸部分の遮熱板がガス缶を熱から守っています。


このクッカーで直径13.6cm。

使えるクッカーは遮熱板より小さい物のみですね。

 

また、クッカーが不安定だなと感じたら別売りの五徳を使用すると良いでしょう。

バーナー?ストーブ?

ちなみに、アウトドア界ではバーナーの事をストーブと表現する事が多いです。

今回は誰でもわかるようにしたかったので、バーナーと表記しました。

さいごに

これ1つあれば、一通りの調理ができます。

焼く、煮る、炊く…。

このレギュレーターストーブ ST-310を使って、アウトドアクッキングを楽しみましょう~!

Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン
Amazon.co.jp 公式サイト。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)

コメント

タイトルとURLをコピーしました