【秋の味覚】落葉きのこを採ってきた!!【別名:ハナイグチ】

どうも、ガッキーです^_^

ここ数日で一気に気温が下がり、すっかり秋となりましたね。

暑さも一段落し、食べ物がおいしい季節到来です。

秋の味覚といえば、サンマ・栗・柿・サツマイモ…。

数えだしたらキリがないほどありますよね。

 

先週の土曜日、畑の横の林に目をやると、それは出ておりました。

そう、キノコです。

秋の味覚の一つにキノコがありますよね。

ここ数年の内に、なんと私有地内に「落葉きのこ」が自生するようになったんです^_^
なんともラッキー。

せっかくおいしく頂いたので、記事にしておこうと思います。

「落葉きのこ」とは

カラマツの根元に生えるきのこで、9月~10月中旬が収穫時期。

「ハナイグチ」とも呼ぶようですね。

この土地はここ15年程で結構な松林になっているんです。


草刈り前の写真なので、雑草ボーボーです…。

これらの松の木が落葉きのこを呼んでくれたのですね^_^

どんな見た目?

カサの色が「黄色~赤色」をしていて、実にきのこらしい形をしています。

小さい頃のカサはまるっこくて、成長と共に横に開いていきます。

上の写真の右下にある小さいきのこが若くて、左に行くほど成長していますね。

この日は10月6日と旬の後半だったので、大きく成長したきのこが多かったです。

成長しても十分おいしく頂けますよ。

 

手に取ってみると、こんな感じ。

比較的、黄色が強いですね。
特に裏は真っ黄色。

取れる場所の雰囲気

ちなみに周囲の雰囲気はこんな感じです。


入り口。


落葉きのこの周囲。

群生しているので、一度見つけると結構な収穫量になります。
一家族分の夕食分はすぐに集まります。

動物も落葉きのこが好きなのかな?

結構動物に食べられたきのこがあるんですよね。

それだけ落葉きのこは、おいしいってことなんでしょうね^_^

おいしい食べ方は?

汁物にするとおいしいです。

お味噌汁やうどん、お鍋に入れるとおいしく食べられます。

なめこみたいなぬめりがあるのが特徴ですね。

下処理

松の葉が結構ついていますし、虫が付いているかもしれないので下処理はしっかりと。

葉や土などはキレイに洗って、石突は切り落とせばOK。

虫は手じゃ出せないので、ぬるま湯に塩を入れて10分ぐらい付けておけばOK。
(実際、私は虫を見たことがありません。)

あとはおいしく食べるだけ!

秋のおいしい味覚を堪能致しましょう^_^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました