急登のイチャンコッペ山

第2回目の登山にやってまいりました。

選んだ山は「イチャンコッペ山」。

今回も危険が少なく、標高の低い山を選びました。
(登山日:2020年6月6日)

場所はどこ?

支笏湖の北側にある山で、恵庭岳と紋別岳に挟まれています。

駐車場は麓の国道453線沿いにあるポロピナイ展望台。

こちらに車を止めれば、登山口はすぐ近くです。

登山開始

では早速登山口へ向かいましょう。

駐車場横のヘアピンカーブの外側に登山口はあります。

まずはそこまで歩きましょう。

 

すぐに到着します。
登山届に記入したら早速登りましょう。

急登のイチャンコッペ

おぉ…、噂通りの急登…!

登山初心者の前に壁のような坂が立ち塞がっております。

体力を温存しながらゆっくりと登っていきます。

 

ただ急登ではありますが、登りやすい登山道でもあります。

倒木があってもこの様に登りやすく手が加えられていますし、
迷い込みやすい道もありません。
基本的にまっすぐ歩いていけばOKです。

序盤はとにかく急登…。
しばらくは頑張りましょう!

 

30分ほど歩けば急登ゾーンも終わります。

この辺りからは景観も良くなり支笏湖も見えてきます。

30分ぐらいは平坦な道が続きます。
景色を楽しみながらのんびり歩きましょう。

ただこの日は結構ガスっており、景観は望めず…。

もうしばらく歩いていくと、偽ピークが見えてまいります。

一見、山頂に見えますよね~。

ただ、ここはある程度の広さがあり、景観は最高です。

数家族がお弁当を広げるぐらいの広さはあります。

天気が良ければ、前に支笏湖、右に恵庭岳、正面に風不死岳や樽前山がキレイに望めるようです。

今日は真っ白ですね…。

もう何も見えないので、一気に山頂まで行ってしまいましょう!

あと10分ちょっと歩けば山頂です。

そして山頂は突然現れます。

たまたま動画を撮影をしていましたが、この広場が山頂です。

はい!白雲の山頂に到着です!

 


あまり写されることのない山頂標識の裏側です。

 

うっすらと支笏湖が見えました。

う~ん、今回の展望は諦めようかな…。

ただ、下山時には少しだけガスが晴れてきました。

まとめ

序盤の急登が結構厳しいですが、コースタイムは1時間半から2時間程で標高は828.9m。

気軽に登るには良い山だと思います。

天気が良ければ、偽ピークと本ピークからの景色はとても良いと聞いているので、いつかリベンジしたいと思います。

YouTube

動画でもご紹介しているので、こちらもぜひご覧下さい!
前編・後編と2本立てです。

初心者が行く!心臓破りのイチャンコッペ山【へなちょこノッポの登山日記002前編】ソーシャルディスタンス登山【北海道 支笏湖 イチャンコッペ山 詳細】
アラフォー登山初心者が山の洗礼を受けました…【北海道イチャンコッペ山】へなちょこノッポの登山日記002後編【北海道 支笏湖 イチャンコッペ山 詳細】
タイトルとURLをコピーしました