ソロキャンパー必見!焚き火を独り占め!調理型焚き火台、ユニフレーム薪グリル

キャンプの醍醐味と言ったら、

そう、「焚き火」ですよね^_^

あの炎を見ているだけで、とても癒されます。

また焚き火とは便利なもので、癒し効果の他に
「暖かい」「調理ができる」「火をいじるのが楽しい」と様々な効果があります。

今回はそんな焚き火を楽しむための
焚き火台の1つを紹介致します。


↑YouTubeでも紹介しています。画像をクリック or タップ!
https://youtu.be/-axjxBhlnvE

 

その名も「薪グリル」

ユニフレームから発売されている焚き火台「薪グリル」。

そのグリルという名の通り、調理向けに設計された焚き火台です。
3方が囲われていて、頑丈なゴトクが特徴的。

一般的に焚き火台は正方形が多いですが
薪グリルは横長となっており、クッカーやケトルなどを並べて置くことができます。

頑丈な作りをしているので、ダッヂオーブン料理もお手の物。

キャンプでの調理を一手に引き受けてくれます。

ゴトクの高さも3段階で調整できるのでとても便利。

 

薪の火加減が苦手な方は、木炭やオガ炭などの炭を使用するもOK。

薪グリルという名前だけれども、
必ずしも薪を使わなければならない…
というわけではもちろんありません。
炭グリルでもOKです^_^

炭は比較的一定の火力を維持してくれるので、
とても扱いやすいですよね。

自分は薪の中に少しオガ炭を混ぜる時もあります。
薪と炭のいいとこ取りでオススメですよ。

暖をとる

3方が囲われていて、前面だけが空いているので
前に座っているととても暖かいです。

この構造だと大勢で火を囲むことはできませんが、
前面への暖かさの恩恵は大きいですね。
なのでこの焚き火台はソロ向け。

輻射熱を独り占めです^_^

たたむととてもコンパクト

たたむと約230×400×65mmと、とてもコンパクト。
重量は3.6kgと軽くはないですが、持ち運びはしやすいです。

ラージサイズもあり   サイズ比較

このサイズの他に、薪グリルラージもあります。

サイズ比較(公式より)

◆薪グリル
使用時:約475×300×350(高さ)mm
収納時:約250×455×65(厚さ)mm

◆薪グリルラージ
使用時:約680×400×400(高さ)mm
収納時:約355×560×80(厚さ)mm

店舗で実物を見ると幅の違いを強く感じました。
好みや用途によって選ぶと良いですね。

薪グリルSOLOも発売予定

延期している…?

2019年4月発売予定でしたが、2019年4月6日現在でも未発売です。

スペック

公式より

◆サイズ
使用時:約475×300×350(高さ)mm
収納時:約250×455×65(厚さ)mm
◆材質
ステンレス鋼
◆重量
約3.6kg
◆分散耐荷重
約10kg
◆付属品
収納ケース

焚き火時の注意(重要)

焚き火をする際はルール・マナーを守り、周囲の方々の迷惑とならないようにしましょう。

直火禁止の場所で焚き火をする際は焚き火台を使用し、草や土を焼かないようにしましょう。

さいごに

一度焚き火に魅了されてしまうと、もう焚き火なしのキャンプは考えられないです。

そんな焚き火を楽しませてくれる「薪グリル」。

とても良い焚き火台です。

ワイルドに調理を楽しむのも良いですね^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました